title

シアスマは、通販サイトで買えるシアリスのジェネリックです。安い価格、得られる効果も同等。コスパが良く注目を集めています。

人気のシアスマは通販で

ED治療薬の中でも「長く効く」という特徴があり、非常に優れた使用効果から高い人気のある製品、それがシアリスです。

シアリスは非常に素晴らしいED治療薬であり、ED治療薬の世界シェアの4割と独占し、世界で最も使用されている製品となったこともあります。

このような素晴らしい効果があるシアリス、実はこれと同じ効果のある医薬品というものが存在しています。シアスマと呼ばれる製品で、これはシアリスを基にして作られた、ジェネリック医薬品です。

使用した際に体感できる効果はシアリスと同等でありながら、より低価格に購入できる便利なシアスマ、どういった方法で購入するのか、そしてどんな製薬会社が作っているのかが気になるという人もいることでしょう。

そんな人のために、シアスマの購入方法やメーカーといった点について、簡単に紹介していきます。

シアリスを安く買って使う

まず初めにシアリスの購入方法についてです。シアリスは本来EDクリニックや、もしくは泌尿器科といった診療科を受診し、その上で処方を行ってもらう必要のある医薬品になります。

こういった医療機関での入手というのは非常に面倒臭いもので、その場所まで行く手間という物が必要になりますし、何よりその場所へ行くために掛かる交通費や、薬を処方してもらう際に必要となる金額というのは、決して安いものではありません。

こうした手間、そして移動の負担というものをなくし、シアリスを購入する手段というのが「通販」です。ネット上に存在している通販サイトを利用する事によって、非常に簡単にそしてより少ない負担でシアリスは購入できるのです。

一般的な通販サイトではない

シアリスを手軽に、そしてお金の負担を少なく購入するためにオススメの方法が通販を利用する方法です。通販を利用する場合、一般的な医療機関を利用し処方を受ける際に必要な負担よりも少ない負担で多くのものを入手できるようになります。

しかし通販を利用する際、注意すべきことが1つあります。それは利用する通販サイトについてです。

私達が日常生活の買い物を行う際に利用する、ごくごく一般的な通販サイトというのは、シアリスのような専門的な医薬品の販売を行っていません。したがって、普段から利用している通販サイトでシアリスの購入を考えているのであれば、いくら探しても見つかることはないという事を知りましょう。

ではどういった通販サイトを利用すれば良いのかですが、医薬品の購入を行う場合「海外医薬品の通販サイト」というものを利用するようにしましょう。

海外医薬品の通販サイト

海外医薬品の通販サイトとはどういうものかですが、この通販サイトというのは名前の通り「海外の医薬品を通販できるウェブサイト」です。

日本国内で販売されている医薬品というのは、日本で認可を受けて製造や販売、処方が行われているものです。

海外医薬品の通販サイトの場合、日本国内では認可が降りていないけれども海外では認可を受けている製品が取り扱われており、サイト利用時にはそれらの製品を一般的ない通販サイトを利用するのと同じような要領で購入できます。

海外医薬品の通販サイトを利用する場合に利用するシステムとして「個人輸入」というものがあります。この個人輸入というのは、海外から商用目的に医薬品や日用品といった商品を輸入する際に必要となる各種手続きや申請を全て省き、個人利用に限定し購入する際に利用できるシステムです。

このシステムを利用した場合、税関にて違法なものが入っていないかなど、最低限の確認を行うのみで、海外から医薬品などの購入が可能となります。

一般的な通販サイトで買えない理由

日本国内で認可の降りていない医薬品を購入する際に利用する海外医薬品の通販サイト、このサイトではどうして日本国内では販売されていないものが購入できるのか、それには2つの理由があります。

まず1つは「処方せんが必要ないから」というものです。

日本で医薬品の処方を受ける際には、医師が発行する処方せんというものが必要となります。しかし海外通販の場合、こういった処方せんはごく一部の取扱に注意が必要な医薬品以外必要ありません。

そのため、本来医療機関で処方されるような医薬品も通販であれば難なく手に入れることができます。

2つめの理由は「個人輸入」というシステムです。

個人輸入がどういったものなのかというのは別項にて説明しましたが、この個人輸入を利用した場合「何が起こっても自己責任」という扱いになります。

したがって、何か危険な副作用が発生しても全て自己責任で購入することになるため、日本国内ではまだ安全性が確認できていないため認可が降りていない医薬品も購入可能となります。

こういった2つの大きな理由により、海外医薬品の通販サイトを利用した際には日本国内の医療機関や薬局などでは取り扱われていない製品を購入することが可能となります。

シアスマが安く買える理由

通販を利用した際に購入できるシアスマなどの医薬品は、日本国内で処方されているシアリスと比べても価格が非常に安い傾向にあります。薬の種類によっても異なりますが、シアスマなどのED治療薬の場合、日本国内で処方されるものと比べて半額以下の料金で売られているものがあります。

このような一見するとおかしいと感じるまでの値段の安さの理由、それはシアスマがジェネリックと呼ばれる種類の医薬品だからです。

ジェネリックというのは、先発医薬品と呼ばれる「特定の成分を利用し初めて作られた医薬品」をモデルとして、後追いをするような形で開発された後発の医薬品のことです。そのため、ジェネリックは後発医薬品という呼び名がされることもあります。

後発の医薬品というのは、どういった成分をどれだけ配合し製造すれば目的とする薬が作れるのかがわかった上で開発されます。したがって、先発医薬品と比べてジェネリックは開発開始から販売までに掛かる時間や費用が安く、販売価格も先発医薬品と比べて低価格になるのです。

そしてシアスマに関してはジェネリックの中でも特に低価格な製品を製造するインドの製薬会社が製造する製品です。

したがって、シアスマは他のシアリス・ジェネリックと比較をしても販売価格が安く設定されているのです。

インド製のジェネリックは大丈夫?

インドと聞くと多くの人がカレーライスなどの料理、そして各種報道機関などで見るスラム街の光景といったものが頭の中に過る事でしょう。

こういった光景を想像すると、インドで製造されるものは衛生的に大丈夫なのだろうか、といった多くの不安が頭をよぎることでしょう。

しかし実はインドで製造されたジェネリックというのは非常に高い安全性、そして効能があります。そのことから、インド産のジェネリックというのは世界各国で使用されており、ジェネリック医薬品の業界でみるとインドというのは世界でもトップクラスのジェネリック生産国なのです。

そのため、インド産のジェネリックに対して衛生面や安全性で不安を感じる必要は一切ありません。

シアスマを発売するメーカー

シアスマの製造を行っている製薬会社は、インドのラジャスタン州、ジャイプールに本社をおく製薬会社のスマートメディサイエンスです。

スマートメディサイエンス社は2013年に設立した非常に新しい製薬会社ですが、多くの工夫や製造している製品の多さから、世界中でスマートメディサイエンス社の製品が利用されています。

ターゲットとしている国は世界各国と非常に多く、世界中で使用されるように輸出先の国に合わせて、パッケージの表記などを現地の公用語にするといった工夫を行った製品を製造しています。

したがって、日本国内に向けて販売されるシアスマはパッケージに日本語で「シアスマ」と記載されていますし、同じ製品でもアメリカやドイツといった国で販売するのであれば、英語やドイツ語表記のパッケージが使用されます。

スマート社の製品

スマート社ことスマートメディサイエンス社が製造するジェネリックの製品はシアスマ以外にも多くの製品があります。ED治療薬でいえば、バイアグラをモデルに作られたバイスマ、レビトラをモデルに作られたレビスマ、そして第四のED治療薬であるステンドラをモデルとしたドラスマがあります。

それ以外にも女性用バイアグラと銘打って販売されているラブスマといった製品もスマートメディサイエンス社は製造しています。

その他の製品としては、緊急避妊薬のナイピル、抗生物質のジスリン、排卵誘発剤のコダカラン、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアのジェネリックであるミノクソールやフィナクスがあります。

このように、スマートメディサイエンス社は多くのジェネリック医薬品の製造と販売を行っています。

通販サイトを選ぶ際の注意点

海外医薬品の通販サイトを選ぶ際、サイト内のデザインや表示、サイトの作りに関しての注意を払う必要があります。というのも、海外医薬品の通販サイトの中には悪質な詐欺サイトも多く存在しており、注文した商品が届かない、粗薬品や偽物が届く、といったサイトも多くあるのです。

悪質なサイトを利用しないようにチェックすべき点としては、特商法に関する記載、問い合わせフォームの有無、そして日本語の正確性です。日本人向けに作る通販サイトというのは、日本の法律に則り運営を行う必要があるため、特商法に関する記載や問い合わせフォームは必ず必要となります。

そして仮にこれらの必要な物があったとしても、サイト内の文章が「という物品が販売されている可能性の事があります」といった具合に、日本語として見た時に違和感がある、おかしいと感じるものになっている場合があります。

その場合、日本語で文章を作れない人物が機械翻訳を利用し作ったウェブサイトである可能性が高くなるため、利用の際には注意が必要となります。